本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. 睡眠時無呼吸症候群とは
  4. /
  5. 睡眠時無呼吸症候群が招く事件・事故

睡眠時無呼吸症候群とは?[睡眠時無呼吸症候群が招く事件・事故] 居眠り運転が5倍に!?

居眠り運転の経験「あり」と答えた人は5倍以上!

睡眠時無呼吸症候群(SAS)によって生じる日中の眠気は、判断力・集中力や作業効率の低下を招きかねません。SASや睡眠障害によって生じる経済的損失が3.5兆円になるとの試算もあるように、交通事故をはじめ医療事故・産業事故などにもつながれば社会的リスクも重大です。

SASによる居眠りは、仕事中や運転中にも悪影響を与えかねません。
「運転中の眠気」の経験割合は、非SAS患者と比較してSAS患者で4倍(40.9%)、「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%)という調査結果も示されています。(※1)

※1 臨床精神医学1998;27:137-147 改変

睡眠時無呼吸症候群が事故にどう影響したかが裁判の争点に

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のことが比較的知られるようになった現在でも、SASが関与したとされる交通事故は後を絶ちません。それは、自分の症状がSASであるということに気づかず、適切な検査や治療に至っていない人がまだ多いということでもあります。
「いつもの眠気」や「いつものイビキ」に、SASのリスク、ひいては交通事故をはじめとする社会的な事故のリスクまでもが潜んでいるということを改めて考えて頂きたいと思います。

2012年に群馬県藤岡市の関越自動車道で起きた高速ツアーバスの事故はまだ記憶に新しいでしょう。バスが高速道路脇の壁に衝突し、乗客7名が死亡、38名が重軽傷を負った大事故です。
事故後、運転手の日雇いなど複数の法令違反が明らかになり、バス会社の安全管理体制が問題視されました。この事故を受けて、国も再発防止策をまとめるなど対策に乗り出しましたが、一方で運転手にSASの症状が確認されたことでも注目が集まりました。
SASと交通事故をめぐっては、SAS症状が事故にどう影響したかが争点の1つになり、過去の裁判でも判断がわかれています。
この事故では、SASの影響で突然意識を失ったとする弁護側の主張が退けられました。自動車運転過失致死傷罪などに問われた運転手に、懲役9年6ヶ月・罰金200万円の実刑が確定しています。

睡眠時無呼吸症候群が関与した交通・運輸事故の事例

事故発生年・場所 事故状況 判断・判決(2013年6月現在)
2002年 和歌山 乗用車が対向車線にはみ出し、軽乗用車と正面衝突。3人が重軽傷。乗用車の運転手は中等から重症のSASと診断。 SASのため、突発的に睡眠していた疑いが払拭できないとして、業務上過失傷害罪の成立を認めず。無罪判決。(大阪地裁・2005年2月)
2003年 岡山 山陽新幹線で運転士が居眠りをしたまま運転。けが人なし。運転士はSASと診断。 本人にSASの自覚がなかったとして、起訴猶予。(岡山地裁・2004年3月 )
2005年 滋賀 名神高速道路でトラック・バスなどを含む多重事故が発生。ブラジル人男性7人死傷。トラック運転手は重度のSASと判明。 事故を起こした元トラック運転手に禁固3年の実刑判決。(大津地裁・2007年1月)
2008年 山形 高速バスの運転士が眠気を催し走行が不安定に。乗客がバスを停車させて事故を防いだ。 医療機関で検査を受け、軽度のSAS症状が判明。
2008年 愛知 大型トレーラーが赤信号の交差点に進入。横断歩道を横断中の男性を死亡させた。運転手は起訴後に重度のSASであることが判明。 SASの影響で眠りにおちた可能性を否定できず犯罪とは証明できないとし無罪判決。(名古屋地裁・2008年11月)後に最高裁まで争われ、懲役5年の実刑が確定。
2009年 長崎 遊漁船が岩場に衝突し釣り客ら3人が死傷。船長がSASであり慢性的な睡眠不足であったことが判明。 船長を業務上過失致死傷容疑で熊本地検に書類送検。(熊本海上保安部・2010年12月)
2012年 群馬 関越自動車道で走行中のツアーバスが運転手の居眠りにより防音壁に衝突。乗客45人が死傷。運転手にはSAS症状が確認された。 運転手に懲役9年6ヶ月・罰金200万円の実刑判決が確定。(前橋地裁・2014年4月)
2012年 東京 渋滞中の首都高速湾岸線でトラックがワゴン車に衝突。ワゴン車に乗っていた東京税関職員6人が死傷。眠気を感じてから仮眠状態に陥るまで約1.5キロ、さらに事故に至るまで約1.5キロを運転していたとされる。トラック運転手にSAS症状が確認された。 元運転手に刑事責任を問えると判断し、自動車運転過失致死傷罪で在宅起訴。係争中。(2013年6月現在)

その眠気、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群が原因かも?

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療には健康保険が適用されます

自宅での検査もあります

代表的な治療方法のご紹介

気になる人は、今すぐチェック

心配な人は、まず相談から

専門の医療機関を探す

  1. TOP
  2. /
  3. 睡眠時無呼吸症候群とは
  4. /
  5. 睡眠時無呼吸症候群が招く事件・事故

このページのTOPへ