本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. 睡眠時無呼吸症候群とは
  4. /
  5. 睡眠時無呼吸症候群が招く合併症
  6. /
  7. 脳卒中

[睡眠時無呼吸症候群が招く合併症] リスク3.3倍!
睡眠時無呼吸症候群と脳卒中

脳卒中の発症リスクが3.3倍に

脳卒中は、日本人において癌、心臓病に次ぐ3番目の死亡原因とされています。脳の血管が狭窄して詰まったり(脳梗塞)、血管が破れて出血したりする(脳出血)病態ですが、脳血管の損傷により発作の後遺症として麻痺や言語障害が生じるケースもあり、寝たきりの原因疾患としても重要視されています。

1,022例を対象にした約3年間の追跡研究の結果によると、睡眠時無呼吸症候群(SAS)重症例では脳卒中・脳梗塞発症リスクが3.3倍になることが報告されています。(※1)

SASの重症度と脳卒中発症リスクの関係

また、SASによる昼間活動時の眠気や集中力・意欲・認知能力などの低下は、脳卒中患者のリハビリテーションをより一層困難にする可能性もあります。

日常生活の活動性の指標であるBirthal Index(BI)を用いて、SASを伴う脳卒中患者とSASを伴わない脳卒中患者の回復経過を比較した研究が報告されています。
SASを伴う群では伴わない群に比べて1年後死亡率が高く、退院時・発症後の経過においてもBIが有意に低かったことが示されています。(※2)

  • Birthal Index(BI:バーセルインデックス)
  • 日常生活動作(ADL)を評価する指標の1つ。
  • 食事・移乗・整容・トイレ動作・入浴・移動・階段昇降・更衣・排便・排尿の10項目をそれぞれ自立・部分介助など数段階の自立度で評価する。

SASは脳梗塞・脳出血などの発症リスクを高めるばかりでなく、その予後の機能回復にも悪影響を及ぼすのです。

  • ※1 New England Journal of Medicine 2005;353:2034-2041
  • ※2 Stroke 1996;27:252-259

睡眠時無呼吸症候群重症例には、脳卒中・脳梗塞の危険も!

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療には健康保険が適用されます

自宅での検査もあります

代表的な治療方法のご紹介

気になる人は、今すぐチェック

心配な人は、まず相談から

専門の医療機関を探す

  1. TOP
  2. /
  3. 睡眠時無呼吸症候群とは
  4. /
  5. 睡眠時無呼吸症候群が招く合併症
  6. /
  7. 脳卒中

このページのTOPへ