本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. 検査と治療
  4. /
  5. 治療について
  6. /
  7. CPAP療法
  8. /
  9. CPAP治療の影響

CPAP治療の影響

ちょっとした工夫で、気になる症状・使用感を改善

CPAP治療を始めたら、気になる不快な症状が出てくることがあるかも知れません。
ここでは代表的な症状とその対処方法の一例をご紹介します。
我慢したり、独断で治療を中止したりせずに、主治医と相談の上正しく対処しましょう。

使用感

CPAP装置から送られる空気の圧力になかなか慣れず、眠れない

CPAP装置からは息を吐く時にも空気が送られてくるため治療を始めて間もない頃は違和感があるかも知れません。CPAP装置には治療に必要な圧力を供給するまでの時間を遅らせる機能がついているので、主治医に相談してみましょう。

お腹が張る感じがする

無意識に空気を飲み込んでしまうことで、お腹が張ったようになることがあります。おならが出やすくなることもあります。CPAP装置の圧調整で症状が改善する場合があるので主治医に相談しましょう。

マスクがあたる鼻の周りがかぶれたり赤くなったりする

マスクを強く締め付け過ぎている可能性があるので、マスクフィッティングを見直してみましょう。フィッティングを見直しても改善しない時には、マスクそのものの形が合っていない可能性も考えられます。別のタイプのマスクへの変更も含めて主治医に相談しましょう。

鼻・喉の症状

鼻の通りが悪い、鼻や喉が乾いてしまう

アレルギーや花粉症などで鼻の通りが悪くなっている場合は薬でコントロールすることで症状が改善する場合があります。乾燥する場合は加湿器などで湿度調整するのもよいでしょう。口を閉じて眠るためのバンドもあるので主治医にご相談下さい。

目・口の症状

目や口が乾いてしまう

マスク周りからの空気漏れが原因かも知れません。常に空気漏れがあるような場合はマスクフィッティングから見直す必要があるので主治医にご相談下さい。

耳の症状

耳鳴りがする

耳と鼻は直接つながっているため、圧力のかかった空気が耳に抜けて不快に感じることがあります。違和感があるときにはCPAP装置の圧を調整することで症状が改善する場合もあるので主治医に相談しましょう。

専門の医療機関を探す

  1. TOP
  2. /
  3. 検査と治療
  4. /
  5. 治療について
  6. /
  7. CPAP療法
  8. /
  9. CPAP治療の影響

このページのTOPへ