本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. 検査と治療
  4. /
  5. 検査について

検査と治療 検査について 睡眠中の状態を知ることが、快眠への第一歩

まずは問診から

ここで重要なのは、起きている間の自覚症状や生活状況について医師に伝えること。昼間の眠気の自覚のほか、既往歴や体調変化、SASに特徴的ないびきの有無などの情報が診療に役立ちます。

自宅や医療機関で睡眠中の状態を「検査」

問診の結果SASの可能性が疑われる場合には、具体的な検査へと進みます。専門施設で入院検査をする場合もありますが、自宅で普段通りに寝ながらできる検査から始めるケースがほとんどです。仕事や日常生活に支障を来たさずに検査を受けることができます。

検査の種類

簡易検査

自宅で手軽にいびきや呼吸をチェック

精密検査

医療機関に1泊して睡眠と呼吸の「質」をチェック

検査についてもっとくわしく知りたい方へ

検査の流れについては、「検査の流れ」ページより詳細をご確認いただけます。また、検査についてよくあるご質問(FAQ)では、実際に多く寄せられるご質問に専門医がお答えしています。

症状の程度や原因にあわせて「治療方法を検討」

検査によりSAS重症度・原因が特定されたら、症状や状況に合った治療方法を医師と一緒に検討します。治療開始後は定期的に受診し、治療効果や体調変化を確認します。

  1. 問診
  2. スクリーニング・簡易検査(自宅での検査)
  3. 確定診断(入院検査)
  4. 治療方法の決定
  5. 治療開始
  6. 定期的な検診・治療効果の確認

専門の医療機関を探す

  1. TOP
  2. /
  3. 検査と治療
  4. /
  5. 検査について

このページのTOPへ