本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問 その他

専門医がお答えします!いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問

イビキと睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する様々な疑問を、SAS治療の専門医が解説します。

SASにまつわる不安やなぜ?を一緒に解決しましょう!

久留米大学 医学部 神経精神医学講座 教授
久留米大学 医学部長
久留米大学高次脳疾患研究所 所長
内村 直尚

家族のイビキや無呼吸が心配ですが、受診を勧めてもなかなか受診してもらえません。受診してもらうにはどうしたら良いですか?

ご自身で気づきにくいのが睡眠時無呼吸症候群の特徴です。心配するご家族に勧められてもご自身ではそうと思えず、なかなか受診されない方も多くいらっしゃいます。 受診してもらうには、まず睡眠時無呼吸症候群をご自身のこととして知って頂くことが大切です。
①今、体に起きていることを知って頂くこと
②放置した場合の将来的なリスクを知って頂くこと
③適切な治療によるメリットを知って頂くこと
現在の状態を知って頂くために、音声・映像記録は効果的でしょう。ご家族が記録された映像をご覧になって初めて症状に気づき、受診される方もいます。
受診の際は、ご家族がご一緒だとご自身で気づいていない症状もわかり、診療に役立ちます。
また、当サイトでは「平日18:00以降もしくは土日診療がある医療機関」を絞り込んで検索することもできます。お仕事帰りに、または休日に、思っているよりも身近な医療機関で気軽に検査が受けられることをご案内されてはいかがでしょうか。

自己判断で治療を中止してしまいましたが、大丈夫でしょうか?

睡眠時無呼吸の治療には様々な方法がありますが、ご自身で治療効果を判断してしまうのは危険です。症状は体重の増減や加齢、生活環境や職場環境によっても変化していきます。特に重症の方では、勝手に治療を中止してしまった結果、様々なリスクが高まる危険性があります。治療をやめたい場合でも、主治医の先生には相談するようにしましょう。

  1. TOP
  2. /
  3. いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問 その他

このページのTOPへ