本文読み上げ開始

強い眠気 疲れがとれない 集中できない それは睡眠時無呼吸症候群の症状かもしれません。

佐藤誠

監修

久留米大学 医学部 神経精神医学講座 教授
久留米大学 医学部長
久留米大学高次脳疾患研究所 所長

内村 直尚(なおひさ)

  • 専門医からのアドバイス まずは自宅での「簡易検査」から
  • お近くの病院を探す 早めの受診で、早めに解決

国内の潜在患者は300万人。知らぬ間に脳や心臓にダメージが蓄積…。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。
眠っている間の状態は、自分ではなかなかわからないため、睡眠中の無呼吸状態に気付かず、症状を放置している「潜在患者」が数多くいると推計されています。

脳と身体を休めることが睡眠の目的ですので、健常な人では睡眠中に交感神経の活動が低下して、心拍数や血圧は起きている時より下がります。
ところが、SASになると酸素不足を補うために、起きている時と同じように交感神経が活動し続けます。
心拍数や血圧は低下せず(むしろ起きている時より増加することも少なくありません)、心臓への負担が大きくなります。
起きている時も寝ている時も(起きている時以上に)心臓は頑張り続けるのです。
その結果、心房細動などの不整脈や高血圧、糖尿病などの合併症のリスクが高まります。

各疾患におけるSAS合併の割合グラフ

睡眠時無呼吸症候群の治療により、合併している生活習慣病も改善。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、ときに命にもかかわる合併症を引き起こしかねない病気ですが、
すでに治療法が確立されており、正しく治療を行えば、ふたたび適切な睡眠を取り戻すことができます。
SASを適切に治療することで、合併症の改善が認められたケースが報告されています。

ダメージが蓄積するその前に、早めに検査・治療することが何よりも重要です。

高血圧との合併 夜も昼も、1日を通じて血圧が安定

CPAPによるSAS治療で夜間から早朝、日中にわたって血圧が下がることが示されています。

心房細動との合併 治療後の再発率が低下

CPAPによるSAS治療でカテーテルアブレーション治療後に心房細動が再発するリスクが低減することが示されています。

糖尿病との合併 わずか2日間で改善が見られたケースも

CPAP治療開始後、2日目からインスリン感受性の有意な上昇が認められ、改善効果が3ヶ月後も維持されていたケースが報告されています。

専門医からのアドバイス

身体にダメージが蓄積する前に、まずは自宅での「簡易検査」から。

眠っている間のことは自分ではわからないものです。日中の眠気やだるさ等を感じて
初めて睡眠の不調を意識しますが、それでも「睡眠不足なだけ」で片づけてしまう方が少なくありません。

大切なのは、まず検査で自分の状態を把握すること。睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査は、
ほとんどの場合、自宅でできる検査から始まります。治療が必要な場合にも、
症状とその程度に応じた様々な治療方法が確立されていますから、安心して下さい。

睡眠中の無呼吸を適切にコントロールできれば、脳や心臓への負担が減り、
心臓病や高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクや症状の軽減が期待できます。

眠りへの不安をそのままにせず、ぜひ医師に相談してください。
必ず、解決方法は見つかります。

佐藤誠

久留米大学 医学部
神経精神医学講座 教授

久留米大学 医学部長

久留米大学高次脳疾患研究所 所長

内村 直尚(なおひさ)

自宅にいながら、眠っている間に、イビキや呼吸をチェック。
(健康保険適用で2,700円~※) ※3割負担の場合の一例

手の指や鼻の下にセンサーをつけて、イビキや呼吸の状態を記録し、
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。
自宅で検査ができるので、仕事や日常生活への影響も最小限に抑えられます。

治療にも健康保険が適用されます
(もっとも普及している「CPAP治療」の場合で月額4,500円程度※) ※3割負担の場合の一例