本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問 病気について

専門医がお答えします!いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問

イビキと睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する様々な疑問を、SAS治療の専門医が解説します。

SASにまつわる不安やなぜ?を一緒に解決しましょう!

久留米大学 医学部 神経精神医学講座 教授
久留米大学 医学部長
久留米大学高次脳疾患研究所 所長
内村 直尚

睡眠時無呼吸症候群とは何ですか?

一晩(7時間)の睡眠中に30回以上の無呼吸(10秒以上の気流停止)があった場合を、睡眠時無呼吸症候群と定義しています。
起きている状態で10秒くらい息を止めてみても別に大したことないと思われるかも知れませんが、重症な睡眠時無呼吸症候群の場合には無呼吸が60秒以上続くケースも見られます。このような状況が寝ている間に起きているため自覚しにくいことが、睡眠時無呼吸症候群の怖さです。

睡眠時無呼吸症候群は肥満が原因ですか?肥満以外の原因もありますか?

睡眠時無呼吸の原因には二つ原因があります。
①睡眠中に空気の通り道である上気道が物理的に狭くなること
②睡眠中に呼吸中枢の異常が生じること
ほとんどの場合は上記①に該当すると考えられています。肥満体の人は①になりやすいですが、その他にも首が短くて太い人や顎が小さい人(小顎症)も、無呼吸が起こりやすい構造になっています。

睡眠時無呼吸症候群は子供でもなりますか?

子供でもなります。
扁桃肥大やアデノイド、アレルギー性鼻炎など耳鼻咽喉科に関係する病気が原因になっていることが多く見られます。成長期である小児の睡眠時無呼吸症候群を未治療のまま放置すると、成長ホルモンの低下や昼間の眠気・集中力低下による学力低下、性格変化などにもつながります。
子供は自ら症状を訴えないことも多いため、周りの大人が症状に注意することが重要です。

睡眠時無呼吸症候群は女性でもなりますか?

女性でもなります。
男性に比べれば罹患率は低く、男女比は2~3:1程度ですが、肥満や喉・顎の骨格的な形状が発症に関与することは男性と同様です。
特に、更年期以降には女性の罹患率が高まり、閉経後では閉経前と比較して発症率がおよそ3倍になるとも報告されています。閉経によるホルモンバランスの変化が睡眠時無呼吸症候群の発症に関与すると考えられています。

睡眠時無呼吸症候群は遺伝しますか?

睡眠時無呼吸症候群そのものは遺伝するものではありません。
ただ、睡眠時無呼吸症候群の発症には喉・顎まわりの形状や骨格、体型が関係しています。
親子間では骨格や体型が似る傾向があるため、その意味では親が睡眠時無呼吸症候群の場合、子供もそのリスクが高まると考えられます。

睡眠時無呼吸(イビキがすごい)と指摘されたが、自覚症状がなく、治療の必要性を感じないのですが、大丈夫ですか?

自覚症状がなく、未治療の方が多くおられます。睡眠時無呼吸は様々な合併症を引き起こしたり、居眠り運転など自動車事故の発生率が一般の方に比べ数倍高くなるとの報告もされています。放置したままにすることは大きなリスクとなる可能性がありますので、一度、主治医の先生に相談してみることをお薦め致します。

寝ている間に呼吸が止まると、死んでしまいませんか?

睡眠中の無呼吸が直接の原因で死んでしまうことはありません。
ただ、体には相当の負担がかかります。
無呼吸そのものよりも、無呼吸によって生じる体への様々な影響が実は深刻です。無呼吸によって脳が起きた状態(覚醒反応)になるため、熟睡が妨げられ眠りが浅くなる他、様々な合併症のリスクも高まります。

飲酒や睡眠薬と睡眠時無呼吸は関係ありますか?

お酒を飲むと舌や気道周りの筋肉がゆるみます。さらに仰向けで寝ると、舌や周りの組織が喉に落ち込み、気道が塞がれ無呼吸の原因になります。
また、睡眠薬の中には無呼吸をさらに悪化させる作用があるものもあります。服用は医師とよく相談することが大切です。

睡眠時無呼吸を悪化させるものはありますか?

肥満を要因とする睡眠時無呼吸の場合、肥満が進行することで悪化するケースがあります。また、飲酒や睡眠薬も悪化の要因となるケースがあります。

昼間、眠くてたまりません。睡眠時無呼吸症候群を疑うべきですか?

寝ている間の無呼吸は、睡眠の質を悪化させる原因になります。深い睡眠を得られないことが、結果として「昼間眠くなる」、「寝たつもりでも寝た気がしない」、という症状として現れます。
ただ、睡眠の量的な問題など、睡眠環境の改善や別の病気を疑う必要もありますので、一度、医師に相談する事をお勧めします。

寝不足でも昼間眠くなりますが、睡眠時無呼吸症候群が原因の眠気かどうか、どう見分けたら良いですか?

まず、そもそもの睡眠時間が足りているか、が重要です。
最近は短時間睡眠の方も多いようですが、少なくても6時間程度の睡眠時間を確保し、熟眠しやすい環境を整えてみましょう。それでもなお、眠気を日常的に感じるなら、単純な寝不足ではなく何らかの睡眠障害を疑う必要があるでしょう。
寝ている間のイビキや無呼吸があれば睡眠時無呼吸症候群の可能性は高まりますが、睡眠に関する病気は睡眠時無呼吸症候群だけではありません。安易にご自身で判断せず、専門の医療機関で詳しい検査を受けることが大切です。

寝相が悪いことと、睡眠時無呼吸症候群は関係ありますか?

睡眠中に無呼吸で体が息苦しさを感じると、体位を変えようと寝相が悪くなることがあります。
ただ、寝ている間に起き上がって歩き出したり、手足をバタバタさせたりするなど激しい動きがある場合には、別の病気を疑う必要も出てきます。

中年になり、今までよりも早い時間に目覚めたり、夜中に起きてしまうようになりました。睡眠時無呼吸症候群と関係がありますか?

中年以降になるとホルモンバランスの変化により、早い時刻に覚醒したり、睡眠が浅くなったり中途覚醒に悩む方が増えます。それ自体は年齢を重ねる上での自然な変化です。
ただし、「呼吸が乱れて息苦しくて目が覚める」または「お手洗いのために起きる」ことが多く、イビキをかくような場合には、睡眠時無呼吸症候群も考慮に入れる必要があるでしょう。

睡眠時無呼吸は予防できますか?

これさえしておけば、という予防法はなかなか難しいですが、適正体重の維持(オーバーしている人は減量)は必須です。気道周りに脂肪がつくと無呼吸が生じやすくなります。他に、習慣的な寝酒を控える、横向きで寝られる工夫をすることなども良いでしょう。
ただし、睡眠時無呼吸症候群の発症には気道や顎周りの骨格など、形態的な特徴も関係しています。必ずしも全てのケースで予防ができるわけではありません。
重症化するまで放っておかず、軽症なうちから適切な治療を行うことが大切です。

睡眠時無呼吸かどうか、簡単にチェックできますか?

6つの項目で睡眠時無呼吸症候群のリスクをチェックする「セルフチェック」をご紹介しています。
ただし、あくまでセルフチェックですので、気になる症状がある場合には医師にご相談頂くことをお勧めします。

  1. TOP
  2. /
  3. いびきや睡眠時無呼吸症候群のよくある質問 病気について

このページのTOPへ