本文読み上げ開始
  1. TOP
  2. /
  3. セルフチェック
  4. /
  5. セルフチェック判定

セルフチェック判定

睡眠時無呼吸症候群の
可能性があります。

定常的に続く場合には医療機関の受診をおすすめします。

専門の医療機関を探す

睡眠時無呼吸症候群を含め何らかの睡眠障害が潜んでいる可能性があります。
自分では寝ているはずだと思っていても、本当に脳と身体が休めているかどうかを知るには検査で客観的に調べてみることが重要です。

悩むより、自宅で検査

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査があります。もしかして…と悩むより、まずは一晩の検査から。
検査には、健康保険が適用されます。

簡易検査

専門の医療機関を探す

  1. TOP
  2. /
  3. セルフチェック
  4. /
  5. セルフチェック判定

このページのTOPへ